結納とは何かについて紹介しています

結納とは

日本では昔から、婚約(結婚の約束)を正式にととのえるため、「結納」という儀式が行われてきた。結納では、結婚する二人の両家が「結」びついたこと(親戚になること)を祝い、そのしるしとしておくり物を「納」め合う。

結納までの流れ

二人の間で結婚の意志がかたまったら、まずはお互いの親か家族に直接会って報告する。結婚が正式に決まったら、両家で結納を行うかどうかを話し合い、結納を行う場合はどんな形式にするかを決めて準備をする。

結納の形式

結納には、おもに「正式結納」と「略式結納」の二つの形式がある。

正式結納

結納や結婚式を取りしきる「仲人」と呼ばれる役目の人が両家を行き来して、結納品(お金、するめ・こんぶなどの縁起物)や受書(受け取ったことを証明するもの)をやりとりする。

略式結納

自宅やホテル、料亭など、両家にとって都合のよい場所をもうけて、一堂に集まり結納を行う。

仲人とは

仲人とは、本来は男女が知り合うきっかけをつくり、結納や結婚式、披露宴まで両家の間をとりもってまとめる人(夫婦)のこと。以前は、結婚式のあとまで相談にのってくれるなど、なくてはならない存在だった。しかし最近は、仲人をたてないケースが多くなっている。

地域でちがう結納の形式

結納は、地域によって方式が形式がことなり、おもに関東式と関西式で分けられる。関東式では、男性と女性でおたがいに結納品をやり取りする。一方、関西式では、結納品は男性から女性におくるもので、女性からの結納品はない。

結納品の種類

友志良賀(ともしらが):白い麻糸

末広(すえひろ):白い扇子

金包(きんぽう):結納品を包んだもの

目録(もくろく):結納品の品名や数を書いたもの

長熨斗(ながのし):アワビを干して長くのばしたもの