結婚式の歴史についての情報を提供しています

結婚式の歴史

現在は挙式と披露宴を行う結婚式が一般的。しかし、このような結婚式を日本で行うようになったのは、明治時代になってから。

結婚式の原型が誕生(江戸時代)

江戸時代には、縁談(結婚の話)・見合い・結納・仲人・お色直しなど、現在の結婚式にかかわることのほとんどが定着した。ただし、当時は、「祝言」とよばれる自宅で行う結婚式が中心だった。これは、新郎の家に親戚や関係者をよび、酒や食事を振舞って、新郎新婦をお披露目するというもの。自宅で行う結婚式は、庶民の間でも普通に行われるようになり、戦後の昭和20年代(1945年~1954年)までは、日本の結婚式の主流だった。

神前結婚式の登場(明治~大正時代)

明治時代になると、寺で行う仏前結婚式や神社で行う神前結婚式が登場。なかでも、神前結婚式が人気となった。明治33(1900)年に、皇太子嘉仁親王(のちの大正天皇)の神前結婚式が行われた。すると翌年、女子天皇がモデルとなって模擬結婚式を行って話題となり、その後、神前結婚式が広く知られるようになった。明治時代の終わりごろには、神前結婚式を神社ではなく、ホテルや会館、レストランなどで行う形式が登場。裕福な人たちの中には、自分たちの地位の高さを示すために、神社で挙式し、そのあとホテルで披露宴を行う人もいた。

自宅から施設で行う結婚式へ(昭和30年代~)

昭和30年代(1955年~1964年)になると、神前結婚式を行う人が急増。日本の結婚式の主流は、自宅で行う結婚式から神前結婚式にうつった。そして、挙式場所も変化。はじめは神社が多かったが、やがて、挙式と披露宴を一緒に行う専門の結婚式場やホテルが多くなった。

派手な演出の披露宴が登場(昭和40年代~)

結婚式場やホテルで行う結婚式が主流になると、披露宴は派手な豪華なものになっていった。現在も行われるケーキカットの演出が登場し、さらにケーキカットを盛り上げるために、ドライアイスのけむりが使われるようになった。その後も、キャンドルサービスやゴンドラなど、披露宴を盛り上げるための演出が次々と登場した。

多様化する結婚式(平成時代)

平成時代になると、神前式よりも教会式(キリスト教式)が多くなり、現在も主流になっている。また、価値観や生活様式(ライフスタイル)が人それぞれとなり、結婚式の形式も様々になってきた。例えば、レストランや一軒屋の洋館などで披露宴を行ったり、披露宴の演出を「見せるもの」から「みんなで楽しむ参加型のもの」になるなど、新郎新婦の個性を重視した結婚式が多くなってきた。