長寿のお祝いについての情報を提供しています

長寿のお祝い

決められた年齢で健康や長寿を祝うことを「年祝い」という。その中で、長寿のお祝いは数え61歳(満60歳)から始まり、それぞれに呼び名と由来がある。

数え年とは、生まれたときを1歳として、正月をむかえるごとに1歳年をとる、という昔の年齢の数え方。現在のように誕生日ごとに年をとることを「満年齢」という。

数え61歳【還暦(かんれき)】

還暦は、生まれた年の干支が一回りしてもどるという意味。

数え70歳【古稀(こき)】

中国の詩人・杜甫の詩に出てくる「人生七十古来稀なり」という一節からつけられた。「古希」とも書く。

数え77歳【喜寿(きじゅ)】

草書体という書き方で漢字の「喜」を書くと、「七十七」と読めることから、「喜寿」といわれるようになった。

数え80歳【傘寿(さんじゅ)】

「傘」の字を略して書くと「八十」と読めることから、「傘寿」といわれるようになった。

数え88歳【米寿(べいじゅ)】

「米」の字を分解すると「八」「十」「八」になるので、「米寿」といわれるようになった。

数え90歳【卒寿(そつじゅ)

「卒」の字を略して書くと「「九十」と読めるので、「卒寿」といわれるようになった。

数え99歳【白寿(はくじゅ)】

「百」という字から「一」をとると「白」になることから、100歳より1歳少ない99歳が「白寿」といわれるようになった。